青がきこえる

ブルースマンを目指す24歳です。主に音楽、本、映画などについて記事を書いていこうと思います。

88年発売でこの情報量!BMRのBLUES RECORDS GUIDE BOOKに感動した!

音楽の量は膨大だ。
星の数ほどある音楽の中で、自分に合った音楽を見つけるのは骨が折れる。
そこで役立つものがいわゆるガイド本の存在だ。

ガイドブックはいわば旅の道しるべ。
素晴らしい音楽への出会いを助けてくれる実に頼もしい存在だ。

だからどうせならガイドブックはいいものが欲しい!!

そう思いネットで探していた本がある。
それがBLACK MUSIC REVIEW(P-VINE)のBLUES RECORDS GUIDE BOOK

f:id:mojomanta:20170715233730j:image
当時多くの人が本書をレコード収集のためのバイブルとしていたそうだ。

 

1988年発売ということでなかなか見つからなかったが某フリマアプリで発見。
ほぼ脊髄反射で即購入。

本を開いて紹介されている盤の多さ、そして幅広さにまずびっくりした。

・モダンブルース
・テキサス/ウェストコーストブルース
・シカゴ/デトロイト・ブルース
・サザンブルース
ルイジアナブルース/ザディコ
ニューオリンズ・ブルース/R&B
・リズム&ブルース
・ヴォーカル・グループ
・ジャンプ・ブルース
・戦前ブルース
・ジャズ
・ゴスペル

これらのジャンルから実に850枚ものアルバムが紹介されている。
各アルバムには選者からのコメントつき。
これが実に聞きたい欲を刺激してくれる。

盤紹介の他には日暮さんや高地さんなどの有名ブルースライターによるブルースマンの紹介があったり、ブルースにまつわるコラムがあったりして実に興味深い。

1988年・・・まだインターネットも普及していない時代によくここまで調べて作り込んであるのは本当に凄いことだと思う。
そんな本が絶盤になって入手困難な状態になっているのは実にもったいない。
是非とも復刻してこれから先のブルースディガー達の足元を照らすガイドになって欲しい!

 

(欲しいレコードが増えるので必然的に散財することになるかと思われるので自己責任でお願い致しますw)


文章:菅原翔一