青がきこえる

ブルースマンを目指す24歳です。主に音楽、本、映画などについて記事を書いていこうと思います。

映画「ストレイト·アウタ·コンプトン」が面白かった!ブラックミュージック好きな人なら見るべし!

 

 

先日、伝説のヒップホップグループN.W.A.の誕生から終焉までを描いた映画「ストレイト・アウタ・コンプトン」を観ました。

想像以上に面白かった!

(音楽を題材にした映画、とりわけドキュメンタリーモノは制作サイドの主観が思い切り入るので個人的にはあんまり期待せずに観てます。でも観ちゃう。)

 

言葉で世界をぶっ壊すっていうキャッチがついておりますが、その始まりはいたって普通。

なんとか目の前の生活から抜け出したい。

 

んー、いつの時代にも共通した若者のリアルでしょうね。

 

またグループ間でのギャラを巡るトラブル。

これもまたリアルでよかった。

 

全然、作品としては触れられていませんでしたがブルースがR&Bになり、ソウルになり、ヒップホップになっていったのが感覚的に理解できたような気がします。

 

少し長いけど面白いよ。

 

文章:菅原翔一