青がきこえる

ブルースマンを目指す24歳です。主に音楽、本、映画などについて記事を書いていこうと思います。

日本で鳴り響いた最強のブルース Robert Jr Lookwood「BLUES LIVE!」

先日、ジュニアロックウッドのSteady Rollin Manを紹介した。

伝説を乗り越えようとするエネルギーが伝わってくるブルースアルバム Robert Jr Lockwood「Steady Rollin Man」 - 青がきこえる

こちらのアルバムももちろん最高なのだが。。。

改めて聴くと良い意味でも悪い意味でもまとまっているという印象。

 

このアルバムだけでロックウッドの魅力は語れない。

 

なので今日はこのアルバムをご紹介したい。

 

ブルース・ライブ!(フロム・ファースト・ジャパン・ブルース・フェスティバル)

ブルース・ライブ!(フロム・ファースト・ジャパン・ブルース・フェスティバル)

 

 1974年の第一回ブルースフェスティバルのため来日したジュニアロックウッドとエイシズが残した最強の名盤だ。

 

スタジオアルバムでは味わうことのできない温かさがビンビンに伝わってくる。

観客の熱くもあり温かくもある歓声。

遠く離れた異国の地、日本で自分の音を渇望しているブルースファンを目の当たりにしたロックウッドは一体何を思ったのだろうか。

 

ブルースは魂だ!と決まって口に出すブルースファンは多い。

しかし本当にそうなのかと僕は疑問に思う。

 

ブルースは音楽である以上表現のためのものではある。

魂なきものは人の心を打つことはない。

 

しかし、それと同時に、いやそれ以上にブルースマンにとってブルースは生きるための収入源であったということも忘れてはいけない。

実際にジュニアロックウッドも音楽人生の大半がスタジオミュージシャンとしての活動であった。

 

しかし、目の前にいる観客の熱気に向かって放たれるサウンドはなんとも感動的だ。

ロックウッドは本当に嬉しかったんだと思う。

 

生きるためにやってきたブルース。

食うためにやってきたブルース。

 

そのブルースに熱狂する観客。

ロックウッドのギターが唸る。

 

特にロックウッドの弾き語りのMean Black Spiderは感動的。

ロバートジョンソンスタイルのAのブルースのスタイルにロックウッドの感性を加えた音楽は紛れもないロックウッド自身の音楽だ。

 

「ロバートジョンソンの義理の息子」

ロックウッドを紹介する際に引き合いにだされるお決まりフレーズ。

こんなことを言う輩には正座させて大音量でこのアルバムを聴かせたい。

 

もう完全に乗り越えているじゃないか。

 

文章:菅原翔一

忙しいと自分の好きなものが見えてくる

2ヶ月ほどブログを留守にしていた。

年末になると僕の仕事は恐ろしいくらい忙しくなる。(考えようによっては大変ありがたいことだが)

 

もちろんどんなに仕事が忙しくても仕事だけをしている訳ではない。

ブルースも聴いているし、戦前ブルースをカバーするユニットも結成した。

 

仕事が忙しいからこそ本当に自分がやりたいことが見えてくるのかもしれない。

どんなにヘトヘトに疲れていてもブルースのことを考えない日はないし、考えてくるととても楽しい気持ちになる。

 

やっぱり僕が本当にやりたいことはブルースだ。

心からこれが好きなんだ。

 

この音楽を聴いてくれる人、好きになってくれる人を一人でも増やしたい。

 

ブルースは最高だ!!

 

文章:菅原翔一

ジョンリーフッカーがコードチェンジをしない理由がパンクだった

 

ザ・グレイト・ジョン・リー・フッカー

ザ・グレイト・ジョン・リー・フッカー

 

 

皆さん、こんばんは。
一気に冷え込んできて憂鬱な冬が過ごしやすい秋の背後に忍び寄っているのを感じてしまいます。
寒さにはメチャクチャ弱いのです!!(雪国生まれ、雪国育ち)

さて、なんとなくジョンリーフッカーのレコードを最近聴き直しています。
このおどろおどろしい感じがたまりません。

さて、ジョンリーフッカーといえば・・・
コードチェンジをせずルートのコード1発で演奏しちゃう俺様スタイル。(もちろんコードチェンジするときもあります)

ジョンリーのことについてインターネットで調べていると、面白い小話が。
なんとジョンリーに「なんであなたはコードチェンジをしないんですか?」と質問した人がいるらしい笑

それに対するジョンリーの答えが超パンク。

バカタレ!!コードチェンジってのは心がチェンジするからするんだ!心がチェンジしてないのになんでコードチェンジをするんだ!!

。。。
パンク過ぎません??

いや・・・あのセックス・ピストルズも心がチェンジしてなかろうとコードはちゃんとチェンジしますよ・・・?
是非ともあなたの手帳にパンク名言としてメモして頂きたい。

ロック界隈以上にロックしてる人がたくさんがいるのがブルースなのかもと思ってしまったのでありました。
やっぱりブルースは面白い!!
みんな聴こうぜ!!

文章:菅原翔

タンスに○ン○ンの楽器版??FRRNANDESの「Dr.Dry」を買ってみたよ

早いものでもう10月。
この間新年を迎えたと思ったのに・・・
良い新年を迎えられるようにこの3ヶ月をしっかり頑張りたいと思う。

さて1ヶ月前にギターを購入した。

f:id:mojomanta:20171003000208j:image
1956年製のグレッチのNew Yorker。
いわゆるピックギターっていうやつ。
世間一般のヴィンテージと呼ばれるギターに比べたらかなり安いとは思うが自分にとっては高い買い物だった。
それゆえに愛着はひとしおである。
大切に大切に扱っていきたいと思う。

さて、そんな訳でこんなモノを買ってみた。

f:id:mojomanta:20171003000232j:image

FERNANDESのDr.Dryという製品だ。

楽器の

・湿気
・脱臭
・防錆

に効果があるとのことでポチってみたが・・・

f:id:mojomanta:20171003000306j:image

どう考えてもタンスに○ン○ンやんけ・・・

約1週間ほど使用してみたが劇的な効果はあまり感じられない。
しかし心なしかハードケースを開けたときに乾燥しているような感じはする。

何はともあれサウンドハウスで税込み464円(2017年10月3日現在)なのでお守り代わりに購入しても損はしないと思う。

ちなみに製品自体は無臭です。

文章:菅原翔一

匿名の時代だからこそ石垣りんの「表札」を読んで欲しい

このところ新書ばかり読んでいる。
こちとら時代についていくために必死なのだ。

新しい知識を吸収するのは楽しい。
知れば知るほど自分の世界が広がり、自由になっていくような感覚。
そういう視点もあったか!そういう考え方もあったか!
読書の醍醐味だ。

しかし新書ばかりでは飽きてしまう。
感動成分が足りない!

そんな中、偶然知った詩人がいる。
石垣りんだ。
著名なので知っている人も多いと思う。

彼女の表札という詩に心を揺さぶられた。
全文掲載するので是非とも読んで欲しい。

 


自分の住むところには
自分で表札を出すにかぎる。

自分の寝泊まりする場所に
他人がかけてくれる表札は
いつもろくなことはない。

病院へ入院したら
病室の名札には石垣りん様と
様が付いた。

旅館に泊まっても
部屋の外に名前は出ないが
やがて焼き場の鑵にはいると
とじた扉の上に
石垣りん殿と札が下がるだろう
そのとき私がこばめるか?

様も
殿も
付いてはいけない、

自分の住む所には
自分の手で表札をかけるに限る。

精神の在り場所も
ハタから表札をかけられてはならない 
石垣りん
それでよい。

 

 

 

この時代だからこそ響く何かがある。
この時代・・・インターネットによる匿名の時代。

それで本当にいいのだろうか?
匿名によって個人のありようが薄まっていないか?

匿名だから言えることがある?
それは攻撃から逃げていないか?

こんな時代だからこそ僕は表札を高々と掲げたいと思う。

精神の在り場所も
ハタから表札をかけられてはいけない。

文章:菅原翔一

はまかぜセッションvol2の演奏曲目!今回のテーマは日本語ブルース×ダウンホーム!

10月8日(日)第2回はまかぜセッションまで約2週間!

本日は当日の演奏曲を発表します。

今回は憂歌団2曲+カントリーブルース定番曲1曲の合計3曲

①嫌んなった(key=C)
ご存知、憂歌団の代表曲。
原曲では木村さんの歯切れの良いバッキングに内田さんのフワフワ浮遊するようなサウンドが対照的でいて心地よいアンサンブルになっています。
最初のイントロは仲良く相談して弾いてね♪

コードはこちらを参考にしてください。

嫌んなった / 憂歌団 ギターコード譜 - U-フレット

 

②シカゴバウンド(key=A)
内田さんのスライドギターで有名な曲です。
もちろんスライドは使わなくてもOKですが個人的にスライドギターの音が聴きたいな♪
とてもゆっくりな曲なのでバッキングにギタリストの個性が出そうです。

コードはこちら参考にしてください。

シカゴバウンド / 憂歌団(ユウカダン) のコード譜 | コード譜の楽譜.me

 

③Sweet Home Chicago(Key=E)
前回の演奏曲でもあったSweet Home Chicago。
今回はオリジナルのロバートジョンソンのようなデルタブルーススタイルを基調にしようと思います。
3曲の中で一番とっつきやすいと思うので初心者の方も是非とも参加してください。

 

そして重大な発表を・・・
今回のセッションは前回がエレクトリック寄りだったので・・・今回はアコースティックな感じでやります!!
えええ!!エレアコもってないやん!!!というアナタも大丈夫!
エレキギターでもクリーントーンならOKです♪
歪みは今回はNGでお願いします。
(クリーントーンでのギタリストの個性が見たい私個人の思惑です)

歪ませんと俺はダメなんだああああああ!!!というアナタ。
大丈夫!!
最後はド派手にエレクトリック×アコースティック混合のスウィートホームで〆るので思いきり歪ませてもOKです♪

 

ギター以外にもベース、パーカッション、ブルースハープなどなども募集中です。

どうぞよろしくお願い致します(^ω^)

 

文章:菅原翔一

ユニクロのタオルが想像以上に良い!

僕の持ってる服の6ー7割ぐらいはユニクロ
やっぱり安くて高品質だ。
セルビッジデニムは職場でもプライベートでも履きまくっている。

そんなユニクラーな僕が最近いいなぁ!と思った商品。
それは「タオル」。

f:id:mojomanta:20170917175931j:image

ユニクロで見かけたことは少ないかも。
それもそのはずオンラインと超大型店限定商品なのだ。
僕は大阪心斎橋店で買った。(中国人のお客さんが多いよね)

ふわふわでとにかく肌触りが良い。

肌触り良すぎてバスタオルのみならずフェイスタオルまで購入。
吸水性も文句なし。

色も5色ラインナップで選べるのが良い。
僕はネイビーを買いました。

このクオリティで990円+税って凄い・・・。

公式ストアのレビューでもかなりの高評価。

安いので本商品を見かけたら是非とも試して欲しい。

 

難点は吸水性が高すぎるからか乾くのにちょっと時間がかかることか。

文章:菅原翔一