青がきこえる

ブルースの底なし沼へようこそ

ヴィンテージギターの怖いお話(ガチ系)

mojomanta.hatenablog.com

以前、霊視をしてもらったという話をブログで書いたのだが・・・

あれからこの霊視をしてくださった方のところに約月1回のペースでお世話になっている。

スピリチュアルという言葉に強い抵抗感を覚える人も多いと思うのであまり詳しくは書かないが、この方のアドバイスを守ることでかなり仕事が順調であるのは事実である。

 

友人にも5名ほど紹介したが全員、感動して帰るという・・・

中には感動のあまり泣き出す人も。

 

さて前回、その先生のもとに訪れたときに以前からずーっと気になっていたことを尋ねてみた。

自分が所有しているギターのことである。

 

何回か書かせてもらっているグレッチの1956年製のピックギターである。

音は枯れていてよく鳴っていうことなし!(ピックギター特有の鳴りではあるが)

 

しかし・・・何となく自分のギターであって自分のギターではないような感覚があったのだ。(自分のギターになりきれていないかのような感覚)

言葉で説明するのは難しいのだが。

 

先生にスマートフォンで写真を見せてその旨を伝える。(スマートフォンからで念など見えないものも見えるそうだ)

 

「前の所有者の持ち主の念が入ってますね。。。このギターのことをよほど手放したくなかったのでしょう。」

 

・・・

 

怖っ!!

 

たじろいでいる僕に

 

「とっておきます??」

 

とれるんかい!!!笑

 

「メーカー教えてください。あと機種も。」

 

「グレッチのニューヨーカーです。」

 

それだけ告げると先生は神棚の前に手を合わせて必死に念を送る。

あまりの光景にお口ぽかん。

 

10分経過・・・。

 

「はい、終わりました。これで大丈夫です。」

 

「ありがとうございます。」

 

「家に帰ったらギターみてみてね。見た目に変化があると思います。あと音も変わっててるかもです。」

 

家に帰ってみたら驚いた・・・

 

まずギターのボディがヴィンテージギターなのでもともとくすんでいたのがピカピカになってる!!!

これは劇的。

 

そしてつま弾く・・・。

音もなんとなく素直な鳴りになったような気がする。(比較検証している訳ではないのでこれはあくまでなんとなくではあるが)

 

見えない世界に大いに驚いた訳でありました・・・。

 

最後に先生の言葉を紹介します。

 

「楽器というのは人の念をとても吸収しやすいものです。特に木製のものは特に。中古楽器は手軽だけど、危ない念を吸収したものもあるので注意してください。逆に稀にとても良い念が入っている楽器もあります。」

 

デジマートなどで毎日数えきれない本数の中古ギター、ベースが売り買いされている今日この頃。

あなたの楽器は大丈夫だろうか・・・?

 

※念をとることによって追加料金などは一切とられなかったことを最後に明記しておく


f:id:mojomanta:20190123152506j:image

(写真は念をとってもらった後のギター)

 

文章:菅原翔一

 

福井県小浜市で琉球ガラススライドバー製作中!

新年あけましておめでとうございます。

今年も狂気のブルース愛で楽しくやっていきます!

 

さて、新年早々面白いことやってます!

僕が住んでいる福井県小浜市にあるガラス工房KEiS庵さんとコラボしてスライドバーを製作中!

(といっても僕にガラスを作る能力はゼロなので一方的に依頼しただけです笑)

 

今日は試作品ができたということで工房までお邪魔してきました。



f:id:mojomanta:20190108175916j:image

とても綺麗!!

こんなスライドバーが今まであったでしょうか。

 

新年早々ワクワクがとまりません!

 

・音が鳴りやすいように形状を真っ直ぐにする

・ガラスの厚さ

・切り口の太さ

・貫通型にする(このままでは形状が突撃一番だ!)

などまだ製品としての改善の余地はありますが・・・

 

ブルースとスライドバーは切っても切れない関係。

このスライドバーからスライドギターを始めてブルースに出会う人もきっといるはず!

だから、この琉球ガラススライドバーの製作には大変意義があるはず!

 

T先生に大感謝!

 

文章:菅原翔一

協力:KEiS庵T先生

 

 

なにわのジミヘン、そして1人の人間として。ひさのぺりっくすワンマンライブ@12/15 太陽と月

先日、ブログでも告知した若手ブルースマンひさのぺりっくすのワンマンライブ。

mojomanta.hatenablog.com

 

結果として福井から足を伸ばして大正解!

ひさのぺりっくすというミュージシャンのそしてこれからの未来のブルースを垣間見ることができた大変意味のある瞬間に立ち会うことができた。

 

今回のライブは2部制。

それぞれにそれぞれの全然違うひさのぺりっくすの顔を見ることができた。

 

まず前半の第一部ではなにわのジミヘンとしてのひさのぺりっくすの顔。

f:id:mojomanta:20181226181324j:plain

ジミヘンドリックスの往年の名曲のカバーが勢ぞろい。

 

MCにて

「ワイはジミヘンドリックスっちゅうもんや」

なりきるというのを超越してジミヘンそのものだった。

まさかジミヘンのライブをみることができるとは・・・!

 

レフティー仕様で反対に構えるスタイルで肩から吊り下げられたストラト

そのストラトが最初から最後まで大きな唸りをあげていた。

 

後半の第二部では第一部の派手なステージとはうってかわり1人の人間としてのひさのぺりっくすの顔。

f:id:mojomanta:20181226181457j:plain

アコースティックギターを構えしっとりと。

なんというか・・・

めっちゃええ感じ

 

音が聴覚のみならず嗅覚も刺激する。

もちろんブルースの土の匂いも感じた。

しかしそれより感じたのはメキシコの匂いだ。

 

ギター1本でメキシコを旅した際にひさのぺりっくすにその風土の匂いが入り込んだのだろう。

 

そこに乗っかる歌詞は等身大。

生活についての歌詞が多い。

 

金持ちも貧乏人も生活している。

ご飯を食べて、トイレにいってそれを出す。

仕事や家族のことで悩んだり、苦しんだり、そしてたまに嬉しかったり。

そんな当たり前のことにもう一度気づく。

 

音を聴きながらひさのぺりっくすと世界を一緒に放浪の旅に出かけているような気持になる。

旅に終わりがあるように、ひさのぺりっくすの音楽もいつの間にか終演。

名残惜しい気持ちとあったかい気持ちが同居する不思議な気分。

 

終演後、ひさのぺりっくと酒を呑みにいく。

「俺、この1年間はブルースは封印しようと思うんよ。もっと広い視野で音楽やってみたくて。」

ひさのぺりっくすはこう語っていた。

 

間違いなくブルースはひさのぺりっくすの音楽の下地。

その下地を封印して音楽をするというひさのぺりっくす。

 

26歳の若きブルースマンの挑戦に期待大だ!

 

文章:菅原翔一

写真:川田航平

協力:ひさのぺりっくす

 

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ

↑ポチッとしてくださるとブルースはこれからも続きます♪

ズクナシありがとう!ズクナシ解散。

永遠なんてありえない。

全ての物事には終わりがある訳で。

 

これから楽しく続いていくだろうなーと思うものが突然、昨日の夢になったりする。

 

でも、だからこそいいんだ。

儚いからこそ愛おしい。

 

僕がずっと応援していたバンドのズクナシが解散すると発表。

60年代のソウルのサウンドを基調にしながら自分たちの言葉、そして音で表現する3人の音が大好きだった。

女性だからこその力強さのあるビートが好きだった。

 

ズクナシ解散のご報告と御礼: ズクナシ オフィシャルサイト

 

こちらのリンクからズクナシのGtVoの衣美さんの解散へのメッセージが読める。

僕はこんなに誠実な解散に対する表明文を読んだことがない。

 

この文章の行間から伝わってくる、もっとズクナシを続けたい思いに胸が熱くなる。

 

今後もメンバーそれぞれ音楽を続けていくそうなので、今後の彼女達の活躍を確信している。

ズクナシは終わるが、ズクナシの音楽はこれからもずっと続いていく。

 

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ

↑ポチッとしてくださるとブルースはこれからも続きます♪

ブルースマンの指輪はゴツイんだ。ROTHCOのカレッジリングがオススメ!

ブルースマンの写真を見ていると、結構ゴツイ指輪をしている人が多い。

 

例えば。。。

 


f:id:mojomanta:20181214051210j:image

バディガイ

 


f:id:mojomanta:20181214051252j:image

アルバートコリンズ

 


f:id:mojomanta:20181214051312j:image

マジックサム

 

ブルースマンのギターを弾く手は指輪で彩られている。(ことが多い)

しかも結構ボリューミーでゴツイ。

 

影響を受けやすい(=超ミーハー)な僕も指輪をしています。

 


f:id:mojomanta:20181214051925j:image

ROTHCOのカレッジリング。

 

これくらいボリュームあったほうがやっぱり指輪をする意味があるかなと。

 

彫刻も綺麗に入っていて光にあたるとキラキラ光って映える。

 

ブルースマンっぽくジャケットを羽織ってカチッとした服装によく合う。

 

ただし。。。指輪自体に重量があるのでフィンガーピッキングが少しやりにくくなる笑

 

文章:菅原翔一

22歳がブルースにのめり込むまでのお話。(準備段階編)

当たり前ではあるけど人の数だけそれぞれのルーツがあるもので。

よく知り合った人にブルースにのめり込むようになった経緯について聞かれるので今日はそれを記事にしようと思う。

 

 

もともとは生粋のパンクっ子だった

何を隠そうもともとは根っからのパンクっ子だった。

大学の4年間はとにかくパンク一辺倒だった。

軽音楽部に所属していたのだが・・・

周りの部員が速弾きなどでテクニカルなプレイをしようと一生懸命練習している中、ひたすらパワーコードをかき鳴らしていた笑

 

Sex PistolsThe ClashRAMONESなどを聴くとあのときのことを思い出すなぁ。

(パンクは今でも好きです)

 

服装もまぁパンクだよね。

黒のスキニーパンツにセディショナリーズのTシャツ、レザージャケット。

バムフラップもつけたりしてたなぁ。

靴はドクターマーチンの10ホールもしくはジョージコックスのラバーソール。

 

毎日、そんな格好で大学に通っていたのでありました。

 

わりかし聴くのはなんでも聴いていた

そんなパンクな僕でしたが、わりかし何でも聴くのは好きだった。

1つ上の先輩でコアな音楽ファンがいていろいろ教えてくれた。

とりあえずこれを聴いておけー!みたいな感じで音楽ファイルがたっぷり詰まったUSBを渡されて、それを聴きまくった。

つまりアナログの前はパソコンで音楽を聴いていたのです。

 

今思うとザ・ブルース!という感じではないけれどなんとなくブルースを感じさせてくれるシンプルなバンドが好きだったのだと思う。

 

そのうちにレコード聴く環境を手に入れ、レコードを買いあさる。

ジャケットがお洒落という理由でT-BONEのレコードをレコード市で買う。

それが僕にとって初めてのリアルブルースだった。

お洒落だなぁーと思ったがあまりのめり込まなかった。

 

何故なら生粋のパンクっ子だったからである!

 

"ブルース"より前に"ブルースギター"と出会う

そんな感じで音楽を聴いているところにブルース野郎と出会うことになる訳です。

それが先日ブログでも紹介したなにわのジミヘンドリックスことひさのぺりっくすことふーちゃん。

これが泥臭いブルースギターとの出会いな訳で、かなり衝撃を受けた。

ブルースっぽい音楽のお蔭で下地ができていたのだろう。

すんなりと好きになった。

彼から12小節のブルースのバッキングの弾き方を教えてもらってひたすらそれを弾いていたなぁ。

 

"ユウカダン、シラナイノ?"

当時、講義を受けていた白人の先生がギターが好きな人らしく、音楽の話をしたことがあった。

どんな音楽が好きか聴いたら「ユウカダン」。

「じゃぱにーずべぇんど?」

「いえーす、ユウカダン、シラナイノ?」

「のーあいどーん。」

ニホンニハジメテブルースヲモッテキタヤツラ

「おーあいしー。」

 

それが憂歌団との出会いだった。

(日本に始めてブルースを持ってきたのは憂歌団ではないので一応書いておく)

 

その1週間後くらいにふーちゃんが弾き語りで歌っていた曲に衝撃を受ける。

それが憂歌団嫌んなった、である。

今思うとタイムリーだったよね。

 

すぐに京都の中古レコード屋憂歌団の1stを買って聴きまくった。

ただブルースを聴くというより、やっぱり憂歌団を聴くという感覚だった。

 

ただなんとなく「僕はブルースっぽい音楽が好きやなぁ」という感覚が形成されていった。

これが今思うとブルースの泥沼につかる準備期間だったのである。

 

このときやめておけば確実にもっと全うな人生を歩んでいたと思う(笑)

 

ということで次回は泥沼編

一気にパンクっ子はブルースの泥沼に落ちるのです。。。

 

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ

↑ポチッとしてくださるとブルースはこれからも続きます♪

【ライブレポ】映画の後に登場人物が飛び出してきた シーナ&ロケッツ40周年アニバーサリーツアー11/21(火)京都拾得

mojomanta.hatenablog.com

前回の記事の続き。

今回は終演後の様子をお届けしたい。

 

 

 

映画を見終わった後の虚脱感

ライブが終わった後、何をすることをもできなくてただボケーッと突っ立ってしまう。

青色の照明を受けて鮎川さんのブラックビューティも青色に見えたのをただボケーっと眺めていた。

 

映画に散々引き込まれた後に、エンドロールが終わった後もその映画の世界にまだ浸っていたくて何もできなくなるのと調度同じ感覚だ。

 

何人かのお客さんがセットリストをもらいにステージに群がる。

(ギターテックの方に皆さんキチンと了承をもらっておられました。ヒジョーに礼儀正ししくて気持ちがよかった)

それが僕には映画が終わって観客席から離れる観衆に見えた。

 

僕はこの映画館からまだ出れそうにない。(というか出たくない笑)

 

相変わらずボケーっと立っているとギターテックの方がセットリストをくれた笑

さすがに現実に戻らないといけない。

僕はシーナ&ロケッツという映画が上映された映画館から出ることにした。

 

さて、念願の鮎川さんへご挨拶だ!

 

映画の登場人物が目の前に

とりあえずマネージャーさんを通して連絡させて頂いたのでマネージャーさんを探す。

セトリをくださった親切なギターテックさんに「マネージャーの方はどなたですか?」と聞く。

「グレーのパーカーを着た人だよ!」

笑顔で答えてくれた。

 

さて何処だろうと探す。

すると会場内にいる人がこちらを見ている。

???

後ろを振り返るとなんと鮎川さん!

ニコニコと笑っている。

超至近距離。

 

さっき観ていた映画の登場人物がそのままスクリーンから抜けて出てきたような感覚になった。

俳優ではない。登場人物そのものだ。

 

「鮎川さん!!」

反射神経的に小さく叫んでしまう。

 

そんな僕に

「ずっと聴いとってくれたよね。ありがとう。」

と言ってくれた。

ニコニコ笑顔。

めちゃくちゃかっこいい。

 

まさかこれを持ってきてくれてるとは!

 

今だ!と思いカバンからLPを取り出す。

「サインください!」

「まさかこれを持ってきてくれてるとは!」

鮎川さんの少し驚いた表情が見れた。

 

僕が渡したLPはピンナップベイビーブルース。

鮎川さんがアンコールで最高に気合いの入ったテンションで演奏してくれたサティスファクションが収録されているアルバム。

 

実はA&MからリリースされたシナロケのUS盤にサインをもらおうともっていこうと思っていたのだが・・・何故だか見つからなかった。

探しているときにピンナップベイビーブルースがふと目にとまった。

何だかレコードが「連れてって!」と言っているような気がしたのでこれを持っていくことにしたのだ。

 

前回のレポートでも書いたのだが鮎川さんはSatisfactionを演奏する前に

「ピンナップベイビーブルースっちアルバムに入っている・・・」

とMCで言ってくれた。

これに物凄い運命的なものを感じて鳥肌が止まらなくなった。

鮎川さんが少し驚いた表情を見せてくれたのも同じ思いからだったのだろうか。

 

鮎川さんが嬉しそうにマジックで自分の名前をLPに滑らせる。

ずっと聴いてきたレコードのジャケットに、その盤の螺旋状に刻まれている音を鳴らした本人の直筆の文字が書かれる。

なんとも不思議な気持ちだ。

そして素直にとても嬉しい。

 

鮎川さんが書き終わった後に後ろにいた奈良さんと川嶋さんにレコード盤を手渡そうとする。(2人にもサインを書いてもらうため)

 

シーナの分も書いて!

 

「シーナさんの分も書いてくださいっ!」

また更にお願いしてしまった。

 

シーナ&ロケッツは"4人"でシーナ&ロケッツ。

なのでどうしてもライブで熱い音を鳴らしていた"4人"全員のサインが欲しかった。

 

鮎川さんの顔がとても嬉しそうな顔になった。

「書く!うんとソックリに書くね!」

鮎川さんが書いてくれたシーナのサインはシーナのサイン、そのものだった。


f:id:mojomanta:20181129192928j:image

この4人のサインが入ったLPは僕の宝物。

(このLPはライブ後、丸1週間僕のターンテーブルに乗り続けた。そして何回も何回もひっくり返された。)

 

若い人の感性でやればいい!

 

サインをもらった後に鮎川さんにどうしても言いたかったことを伝える。

「僕はもっとたくさんの人にブルースを伝えたいんです!日暮さんみたいな仕事はできんかもしれんけど僕はどうしてもやりたい!」

 

「若い人がそげん風に思ってくれるなんて嬉しかばい!是非ともやって欲しい!若い人の感性で、若い人の感じたブルースを、若い人のやり方でやればいいんよ!」

なんとも温かいアドバイス、そして本質的な答えを頂いた。

 

煙草をふかす鮎川さん。

それだけでも絵になるし、なんとなく涙がでてきそうになった。

ひとつひとつの仕草に映画のような物語がそれぞれつまっているような気がした。

 

奈良さんと川嶋さん

ライブで物凄いグルーブを作っていた奈良さんと川嶋さんのことも書かずにはいられない。

ステージから降りてもこの2人はかっこよかった。

会場の隅っこでビールを注ぎ合って2人で乾杯していたシーンが忘れられない。

映画のワンシーンを見ているようだった。

 

「物凄いリズムでした!」と伝えると

「リズム隊冥利に尽きるねぇ!」と笑って話してくれた。

 

激しいビートが柔らかい人間性から生まれている。

この事実が何だか嬉しかった。

 

総評

シーナ&ロケッツはシーナが亡くなっても"4人"のバンドだと確信した。

この4人がつくりだすビートはブルース、そしてブルースへの愛そのものだ。

 

今回のライブでも演奏されたシーナとの最後の18枚目のアルバムの表題にもなったRokket Rideが頭に今鳴り響いている。

 

When forever ends There'll be you and me

(永遠が終わっても君と僕はずっと一緒だよ)

 

After all eternity There'll be you and me

(全ての永遠が終わっても君と僕はずっと一緒だよ)

 

When the world explodes When the stars collide

(世界が爆発しても 星がぶつかっても)

 

I'll be here by your side, To take you on a rokket ride

(僕はずっと君の側にいて 君をロケットライドで迎えにいくよ)

 

鮎川さんの使い込まれてボロボロになったレスポールカスタム。

このギターを通して毎日鮎川さんはシーナを迎えにいっているのだ。

これからもずっと。

 

文章:菅原翔一

 

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ

↑ポチッとしてくださるとブルースはこれからも続きます♪