読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青がきこえる

ブルースマンを目指す23歳です。主に音楽、本、映画などについて記事を書いていこうと思います。

20代ブルースファンの横の繋がりを作りたい

音楽の素晴らしいところは音楽を通じて出会いが広がることだ。

自分自身、音楽を通じてたくさんの人と知り合ってきた。

人と人との出会いこそが真の財産だと僕は思う。

 

しかし。。。

人間って欲が次第に出てしまうものでw

 

今、自分が出会いたい人。

それは自分と同じようなブルース、R&B、ソウルなどを愛好する同世代。

 

日本は狭いようで広い。

きっと日本のどこかに自分よりずっとずっと黒い音楽にのめり込んでいる20代がいるはず。

 

そんな人たちと是非とも繋がりをもちたい。

 

ということで黒い音楽が好きな20代の方の連絡を待ってます(笑)

 

ゆくゆくは20代のブルースファンの横の繋がりを作りたい。

 

ロバートジョンソンの孫が歌うロバートジョンソン

サウンドクラウドにてロバートジョンソンの孫であるSteven Johnsonが歌うロバートジョンソンナンバーが公開されています。

Steven Johnson Pays Tribute To Robert Johnson | Robert Johnson Blues Foundation

カバーされている曲は
•Come on in my kitchen
Cross Road Blues
•Kind Hearted Woman
の3曲

全曲聴きましたが、ロバートジョンソンのテイストは全くない!笑


「キャスト・アウェイ」漂流「後」のほうが辛い漂流映画

f:id:mojomanta:20170418210621j:image

僕は漂流モノが好きである。

現代社会で何一つ不自由なく暮らしてきた主人公が事故などで無人島に辿り着く。

生きるためにサバイバル生活を送り、無人島から脱出するために知恵を絞る。

ロビンソン・クルーソーを初めとして何百、何千とありそうな脚本であるが、考えるだけでわくわくしてしまうのだ。

 

そんな漂流モノは大抵は主人公は無人島から脱出した後、幸せな結末を迎える。

ダーリン、戻ってきて嬉しい♪ぶちゅー。

こんな塩梅。

 

しかし、今日紹介するキャスト・アウェイはその観点から考えると少々異質である。

監督ロバート・ゼメキス、主演トム・ハンクス

2000年に公開された。

 

 

以下、あらすじ。

主人公チャックはアメリカの運送会社の管理者。

自分の恋人とも婚約をするなどプライベートも仕事も充実している。

しかし出張に向かう飛行機が故障により墜落。

チャックの長きに渡るサバイバル生活が始まった。

 

プロット的にはかなりベタな展開であるが。。。

 

この映画の核心部は主人公のチャックが無人島から脱出した後にある。

婚約していたフィアンセ。

しかし彼女は他の男と結婚していて、子供までいるという。

 

なんともブルージーではなかろうか。

チャックは4年間を彼女とまた再び出会うという意思を糧に生きていたのだから尚更である。

 

静かに元恋人の元を去るチャックの表情に胸が苦しくなる。

 

世の中には不条理なことがたくさんある。

 

しかし、ときとして諦めてそれを受け入れるしかないのだ。

受け入れてこそ前が見えることもある。

本作で唯一の救いとも見えるラストシーンを見ると、こう思う。

 

【余談】

初めて本作を見たのが小学生のとき。

 

無人島でのサバイバルシーンでチャックが心の拠り所とするバレーボールのウィルソン。

そんな彼と主人公の別れのシーンにこれでもかというくらい涙した記憶がある。

しかし先日みた際は「考えようによっては滑稽なシーンだな」と思ってしまう自分がいた。

 

流れていく時間のなかで失ってしまうものがあるんだなとしみじみと思った。

本作の主人公がそうだったように。

 

動画で見るブルースマン その③ ハウンドドッグテイラー

最近、ハウンドドッグテイラーに再びはまっている。

やっぱりかっこいいよね。


Hound Dog Taylor & the HouseRockers Aan Arbor 1974 - YouTube

 

スタジオ盤でも十分強烈なギターサウンドであるが。。。

ライブになると更にパワーアップ。

一度聴いたら忘れることのないであろう鮮烈なサウンドだ。

正しく猟犬が獲物に飛びかかってくるような感じ。

 

その猟犬を鎖にしっかり繋いでいるのがバックのハウスロッカーズ

どっしりとしたリズムである。

 

鎖があるからこそ猟犬(=ハウンドドッグテイラー)はより勢いよく、より狂暴に獲物に向かっていけるのかもしれない。

 

ブルースは暗く、重たい音楽という印象を持たれている方が多いと思うが。。。

でもそのイメージは正しいだろうか?

 

この動画を見て新しい扉を開けてほしい。

福井県敦賀市のタージマハルエベレスト(カレーチェーン店)に行ってきたよ。隣はCoCo壱w


今日はふらっと外出したくなりドライブがてら車を走らせて敦賀まで。

中途半端に近いところって普段なかなか行かないもんね。

 

敦賀に到着するとちょうどお昼時。

せっかくなので普段行かないお店に行くことにした。

 

そういえば敦賀ってCoCo壱あったよなとふと脳裏によぎる。

敦賀まできてCoCo壱ってwと自ら突っ込みをいれるが、一旦考え出すとCoCo壱モードに入ってしまった。

 

よっしゃ行くぜいw

急激に強くなった空腹を感じつつ車のアクセルを踏んだ。

 

到着すると駐車場はほぼ満車状態。

敦賀は外食に行く文化が強いので飲食店はご飯どきはいつも混んでいるのです)

 

車から降りて気付いた。

 

CoCo壱の隣にタージマハルあるやんかw

f:id:mojomanta:20170416231300j:image

 

タージマハル。

皆さんご存知だろうか。

インド人がスタッフとして働いているチェーン店っぽくないカレーチェーン店である。


 

CoCo壱vsタージマハル

勝敗の行方はいかに・・・

それぞれの店内を覗いて確かめてみる。

 

CoCo壱の圧勝でしたw

気の毒なくらい。


f:id:mojomanta:20170416231313j:image

 

結局、僕はタージマハルの扉を開けた。

不憫に思ったのと、僕自身一度もタージマハルに行ったことがないので。

 

お客さんはゼロ。

「イラッシャイ」出迎えてくれたのインド人の店員さん一名だけ。

少し気まずい。


f:id:mojomanta:20170416231545j:image

 

男一人だけのランチなのでシンプルそうな日替わりカレー(690円)を注文。


f:id:mojomanta:20170416231602j:image

 

この日替わりカレーが何気に豪華!

 

・サラダ

・カレー

・ナンorライス

・ドリンク

 

この4点セット。

明らかにコスパいい。

 

しかもナン、ライスは食べ放題という。。。

 

日替わりカレーは今日はほうれん草とジャガイモのカレーだった。

これが相性抜群でとてもおいしかった。

 

ナンも熱々で生地にほどよい甘味があってナン単体でも美味しく食べられる感じだった。

 

結局2枚食べてお腹いっぱいになった。

いやー大満足。

 

デザートがてらにラッシーを飲み干す。

清涼感がありお口がさっぱり。

 

これで690円は本当にお得。

やっぱりカレーはインドに限りますね。 

インドに行ったことないけど。


これでCoCo壱になんで負けるかなぁと帰りの車中で少し考え込んでしまった。

インド人が接客してたからもしかしたら敷居が高く感じる人がいるのかなぁ。

全然問題なかったけどなぁ。


どうでもいいけどブルース好きがタージマハルと聴くとこの人を思い出してしまう。

f:id:mojomanta:20170416231500j:image

 こっちはタジマハールか!


文章:菅原翔一

写真:菅原翔一

 

 

 

 

塩次伸二メモリアルライブ2017@京都&神戸

f:id:mojomanta:20170415224517j:image

ウェストロードブルースバンドの塩次伸二を偲んでのブルースの宴「塩次伸二メモリアルライブ」が今月末開催されます。

ゲストはホトケさん。

 

4月29日(土)は京都拾得、30日(日)は神戸ジェームズブルースランドにて開催なのでお近くにお住まいの方は是非。

 

僕は京都拾得のほうに行こうかなと思っております。

 

音楽は圧倒的に生!

ブルースのライブもなかなかないのでこの機会にどうでしょうか。

美味しいものも食べ過ぎるともういいやってなっちゃうよね V.A「Jump Jamaica Way」

何故かいつも聴いてる音楽がしっくりこないときがある。

あれれ、おかしいぞ。

どうしたんだろう?

 

今まさしくその状態です。

ブルースのレコードをとっかえひっかえ針を落としてみたけどなんとなくしっくりこない。

 

きっと美味しい物の食べ過ぎなんでしょうね。

どんなに美味しいものでも食べ過ぎたら「もういいや」ってなってしまう。

 

そんなときはお口直しでもしましょうか。

 

f:id:mojomanta:20170414231227j:image

Jump Jamaica Way

 

後期R&Bと初期スカが収録されたオムニバス盤です。

 

全曲通して明るい曲調。

でも無条件に明るい訳でもない。

どこか、本当にどこか憂いを帯びている。

その曲調にいつも聴いているブルースとの共通点を見出だすからか、なんとなく安心して聴けるのです。

 

美味しいものをひたすら食べるのもいい。

でもどこかで休んでお口直しをしてからまた美味しいものを食べるのもいいかもしれない。

今日はこのレコードを聴きながらそんなことを思っています。

 

文章:菅原翔一