青がきこえる

ブルースマンを目指す24歳です。主に音楽、本、映画などについて記事を書いていこうと思います。

ダニエルラドクリフが「便利な」死体役を演じる映画「スイスアーミーマン」日本では9/22公開!

上田正樹 & South to South-とったらあかん- - YouTube

 

ハリポタシリーズで有名なダニエルラドクリフが出演する映画「スイスアーミーマン」が日本で9/22に公開される。

なんと今回、ダニエルラドクリフが演じるのは死体!笑

しかも無人島に漂流した主人公を助けるとびっきり便利な死体。

 

もうこの設定から映画館に行きたくなってしまっている。。。

 

文章:菅原翔一

ターンテーブルに乗る悪魔を見よ!

f:id:mojomanta:20170719224505j:image

 

実家のターンテーブルに乗って楽しいレコード鑑賞を邪魔する悪魔の写真です。

見た目の可愛さに騙されるな!

夏の暑い晩に聴きたくなる迷曲にして名曲 「とったらあかん」

上田正樹 & South to South-とったらあかん- - YouTube

あれはいつやったやろ
夏の熱い晩やった

夏の暑い晩に聴きたくなるのがサウストゥサウスの「とったらあかん」だ。

もう解説なんてどうでもいいので是非とも聴いて欲しい。
そして心に刻んで欲しい。

どんなに暑くてもとったらあかんのです・・・
触ってもあかんのです・・・

かなり笑いのほうに走って少し霞んでしまうけどこの歌い方(語り方)ができるのは相当リズム感がよくないとできない。
上田正樹というボーカリストはやっぱり凄い。

そして当時のサウスのライブは前半はこのようなアコースティックのセットから一気にファンキーなソウルナンバーに流れ込んだという。
最高ではないか!
ライブ行きたかった~涙

文章:菅原翔一

ギターをピッカピッカに輝かせたいならこれ!フリーダムカスタムギターリサーチの「f54 shiner」が素晴らしい!

f:id:mojomanta:20170717231855j:image

暑いが口癖になりそうなくらい暑い毎日が続いている。
今日も暑かった。
明日も暑い日になるだろう。
げんなり。
(といっても元剣道部なので暑さにはある程度耐性があるので大丈夫w)

こんな暑い日にギターを弾くとどうしてもギターに汗がついて汚れてしまう。
放置しておくと最悪、塗料が汗に反応して白濁してしまうこともある。
当然なのだがギターを弾いたあとクロスで乾拭きすれば大丈夫なのだが・・・

ぶっちゃけめんどくさいよねw

ということで今回は僕が使っているポリッシュを紹介したい。

f:id:mojomanta:20170717231849j:image
カスタムギターリサーチのf54 shinerだ。
ギターの白濁もだいたいバッチリとれるので白濁に困っている人には特にオススメしたい。
(といってもモノによってはどうしても無理なのもあると思うので保証はできない)

今回磨くのがこちら。

f:id:mojomanta:20170717231910j:image
トーカイのシルバースターだ。
70年代のラージヘッドストラトのコピー。
コピーといっても侮るなかれ実に素晴らしいストラトサウンドを奏でる一本だ。
(書くと長くなるので別記事でまた書きますw)

f:id:mojomanta:20170717231932j:image

黒いので写真のようにどうしても手垢が目立つ・・・

ということで清掃開始!
一滴だけボディに垂らしてクロスで拭き拭き。
(バシャッと垂らして広範囲を磨くのではなく、1滴ずつ垂らして狭い範囲をい徐々に磨いていくのが効果的なようだ)

f:id:mojomanta:20170717232009j:image

とりあえずコンター部分を磨いてみたの図。
鏡のように美しく磨きあげられている。

f:id:mojomanta:20170717232014j:image

全体を磨きあげるとこんな感じになった。
ピッカピカ!

65mlでだいたい1300円くらいなので割高な感じはするが、少量で本当にピカピカになるのでコスパもいいと思う。
僕は2年ほど使っているが残量はまだ半分ほどあるw

やはり綺麗なギターで練習するとテンションがあがる。
最近、ギターの練習へのモチベーションがあがらないなぁと思っているアナタ。
このポリッシュを使ってギターを綺麗したらモチベーションが甦ってくるかも!?

(テスト週間初日にまず掃除みたいな感じだろうかw)

 

文章:菅原翔一

写真:菅原翔一

Buddy Guyのストラトで弾くアコースティックブルースが素晴らしい

Legendary Blues Guitarist Buddy Guy at Guitar Center - YouTube

 

バディのギターセンターでのトーク(?)

序盤にちょろっとアコースティックブルースを演奏。

ストラトなのにとてもアコースティックな良い響きを出しているのが印象的。

88年発売でこの情報量!BMRのBLUES RECORDS GUIDE BOOKに感動した!

音楽の量は膨大だ。
星の数ほどある音楽の中で、自分に合った音楽を見つけるのは骨が折れる。
そこで役立つものがいわゆるガイド本の存在だ。

ガイドブックはいわば旅の道しるべ。
素晴らしい音楽への出会いを助けてくれる実に頼もしい存在だ。

だからどうせならガイドブックはいいものが欲しい!!

そう思いネットで探していた本がある。
それがBLACK MUSIC REVIEW(P-VINE)のBLUES RECORDS GUIDE BOOK

f:id:mojomanta:20170715233730j:image
当時多くの人が本書をレコード収集のためのバイブルとしていたそうだ。

 

1988年発売ということでなかなか見つからなかったが某フリマアプリで発見。
ほぼ脊髄反射で即購入。

本を開いて紹介されている盤の多さ、そして幅広さにまずびっくりした。

・モダンブルース
・テキサス/ウェストコーストブルース
・シカゴ/デトロイト・ブルース
・サザンブルース
ルイジアナブルース/ザディコ
ニューオリンズ・ブルース/R&B
・リズム&ブルース
・ヴォーカル・グループ
・ジャンプ・ブルース
・戦前ブルース
・ジャズ
・ゴスペル

これらのジャンルから実に850枚ものアルバムが紹介されている。
各アルバムには選者からのコメントつき。
これが実に聞きたい欲を刺激してくれる。

盤紹介の他には日暮さんや高地さんなどの有名ブルースライターによるブルースマンの紹介があったり、ブルースにまつわるコラムがあったりして実に興味深い。

1988年・・・まだインターネットも普及していない時代によくここまで調べて作り込んであるのは本当に凄いことだと思う。
そんな本が絶盤になって入手困難な状態になっているのは実にもったいない。
是非とも復刻してこれから先のブルースディガー達の足元を照らすガイドになって欲しい!

 

(欲しいレコードが増えるので必然的に散財することになるかと思われるので自己責任でお願い致しますw)


文章:菅原翔一

セックスピストルズってぶっちゃけ積極的に口に出していいたかったよね。

70年代の音楽シーンを語る上で欠かすことのできないムーブメントがある。
パンクだ。
激しい怒りをそのままぶちまけたようなサウンドは今聴いてもセンセーショナルだ。
クラッシュ、ダムドなど実に様々なバンドが生まれてキッズを魅了した。

その中でも忘れられないバンドはやはりセックスピストルズだ。

もちろんサウンドも実に怒りに満ちていて非常にかっこよかった。
テレビ出演したときのスタジオライブ映像を初めてみたときの衝撃は今でも忘れることはできない。
決して綺麗でもないし上品でもない。
でも自分を隠さずに全てさらけ出すような演奏に釘付けになった。
当時の僕は高校1年生だった。

さて、このバンドが忘れらない理由がもう1つある。
バンド名だ。
セックスピストルズ
思いっきりセックスいうとるやんけ!!
高校生の僕にはこのバンド名は少々刺激が強すぎた。

そのため口に出すのが本当に恥ずかしかった。
というかできなかった。
そのためセックスピストルズのセックスを省略してピストルズと呼んでいた。
結局高校を卒業するまでピストルズとしか言えなかった。

そんな僕は大学に進学、軽音楽部に入部した。
雰囲気的に言えちゃうんですよね。
セックスピストルズ!!!
そこからはもう堰を切ったかのように言っちゃうよね。
セックスピストルズ
セックスピストルズ!!
セックスピストルズ!!!

公然の前でセックスと言ってしまう背徳感がよかった。。。
男はみんな変態である。それを隠しているか隠していないかである。
世の女性の皆様はお気をつけくださいませ。

文章:菅原翔一