読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青がきこえる

ブルースマンを目指す23歳です。主に音楽、本、映画などについて記事を書いていこうと思います。

やっぱりライトニングホプキンスにストラトは似合わないと思う件について

ミュージシャンにとってルックスというのはかなり大事な要素だと思います。
イケメンとか、ブサイクとか、そういう次元ではないです。
ルックスというより、風貌といったほうが正しい気がします。

その風貌を形成するのは何でしょうか。
生まれ持った本来の外見ももちろんあります。

その他には、ファッションも。
憧れのミュージシャンがいる人はその人の服装を必ず真似してみたことがあるはず。

そして、忘れてならないのが楽器のチョイス

アイコンになるミュージシャンは実に自分の個性を際立たせる楽器をチョイスしている。

例えば。。。

f:id:mojomanta:20170412235458j:image
スラッシュのレスポール

f:id:mojomanta:20170412235644j:image
ジミヘンのストラト

などなど。

絶妙に似合っていますよね。
文句のつけどころがない。

楽器の種類は星の数ほどあるのに、どのミュージシャンも自分にぴったりと合うものを選んでいる。

でもたまに例外がいるw

前回、紹介したテキサスブルースの雄、ライトニングホプキンス。
基本的にこの人はアコギ使いでそれがよく似合っている。

しかし、それをどう間違ったかエレキ(ストラトキャスター)を弾いていることが。

f:id:mojomanta:20170413000637j:image

。。。

。。


似合ってないww 

↑動画もあるよ。。。

。。。

。。


似合ってないww

しかも、サウンド的にも別にアコギでもよくない?っていう感じです笑

でも、そこはやっぱりライトニングホプキンス。
あくまで、我が道をひたすら真っ直ぐ貫き通すブルースマン
相変わらずの大見得切りの弾き方を見るとかっこええなぁと思えてしまうから不思議なのです。

自分が似合わない楽器をあえて使うライトニングホプキンス、彼こそ真のブルースマンなのかもしれない。。。

(でもやっぱり似合ってない!)

文章:菅原翔一

動画で見るブルースマンその② オーティスラッシュ


Otis Rush : So Many Roads - YouTube

泣きのブルースギターといえばBB KINGを思い浮かべる人が多いと思います。
(僕も思い浮かべますw)

ただし泣きのギターを語る上で忘れてはならないと思うのがこの人。


f:id:mojomanta:20170411224544j:image
オーティスラッシュ

f:id:mojomanta:20170411224553j:image
オーティスラッシュ。

オーティスラッシュのギタースタイルの特徴はなんといっても右利き用ギターを反対に構えるスタイル(=松崎しげるスタイル)。
つまり弦が普通の逆っていうことです。

この動画はそんなオーティスラッシュの凄みのあるギタープレイとボーカルが堪能できます。

後ろからのアングルがサマになる。
背中がでかい。
いったいこの人は何を経験したのだろうと考えてしまう。

"So many roads, so many trains to ride"
(たくさんの道、たくさんの列車、俺はどっちに行けばいい??)

叫ぶように歌うボーカル。

つい現代社会の生き方の選択肢の多さに迷い、悩む自分に照らし合わせてしまいます。

オーティスラッシュは実力があるにも関わらず、不運なレコーディングキャリア続きでした。
そんなオーティスラッシュもいったいどっちに行けばいいんだと悩んでいたのでしょう。

悩んでいるのは自分ひとりだけではない。
オーティスラッシュのブルースに救われるのです。
凄みもあるが優しさもある。
オーティスラッシュは僕にとってそんなブルースマンです。

文章:菅原翔一





ちょいと人選がマニアック過ぎませんか?? 「ブルースに焦がれて」

ブルースっていうのは森みたいなもんだと思ってます。
足を踏み入れる。
周りは鬱蒼と木々が生い茂っている。
迷って当然。
迷わないほうがおかしい。

何が言いたいかというと。。。
ミュージシャンの数が多すぎて何を聴けば分からんぜよwっていう話です笑
しかも年代、エリアによって形態も変わってくる。

さてどの年代の、どのエリアのどのミュージシャンを聴こうかな、、、?
選べる訳ないですよねww 

王道ではありますが森を見るのはとりあえず諦めてまずは木をよく観察することから始めましょう。
つまり著名なブルースマン/ウーマンを探して少しずつ深掘りしていくのです。

そういうときはこんな本が役に立ちます。

f:id:mojomanta:20170406214847j:image
「ブルースに焦がれて」

この本では12人のブルースマン/ウーマンの人生が伝記仕立てで紹介されています。

⚫︎ロバートジョンソン
⚫︎マディウォーターズ
⚫︎ベッシースミス
⚫︎ハウリンウルフ
⚫︎ブラインドレモンジェファーソン
⚫︎Tボーンウォーカー
⚫︎ビッグジョーターナー
⚫︎プロフェッサーロングヘアー
⚫︎BBキング
⚫︎エタジェイムズ
⚫︎チャックベリー

そうそうたるメンツです。
そして同時に思うのです。

ちょっとマニアック過ぎませんかw

いやロバジョン、マディ、ウルフ、BB、チャック、Tボーンは分かるよ。
でも他は。。。

でもね。

でもね。

言い換えるとブルースを聴く醍醐味の一つ「他の人が聴いていない音楽を聴く」という欲求がより濃く満たされます笑

最初からプロフェッサーロングヘアー聴いてますとか、ロニージョンソン聴いてますとか、、、
思い切りドヤれますやん、、、?笑

ドラクエで例えたら冒険開始時点で最強装備状態です(^ω^)

最強装備状態で深遠なるブルースの世界の冒険にいざ出発だ!

文章:菅原翔一
写真:菅原翔一



コスパ最強入浴剤はこれだ!100円で5包入!湯宿巡り

一人暮らしでも湯船に浸かりたい派です。
でもって入浴剤を何かしら入れたいのです。

しかし入浴剤って結構高くないですか??
ただでさえ湯船をはるとガス代がかかるのに更に入浴剤でお金をかけるのはどうかと、、、

そこで今日は僕が普段から使ってる入浴剤をご紹介。

f:id:mojomanta:20170403232400j:image

その名も湯宿巡り。
ライオンケミカル株式会社っていうメーカーが販売しています。

コスパの良さが半端ない!
100均で買えちゃう。
しかも5包入り。
f:id:mojomanta:20170403232558j:image
1包あたり約20円。
安すぎ。

安いだけではなくて実力もなかなかのものです。
香りも申し分ないし、何より体がポカポカ温まります。

f:id:mojomanta:20170403232814j:image
今日は能登に行くことにしました。

f:id:mojomanta:20170403232841j:image
白いです。
ちなみに実際の能登温泉(ねぶた温泉)は無色透明らしいよ。

あーいい気持ちだぁ〜。
ブルースを口ずさみながらゆっくり疲れを癒します。

コスパ最強の入浴剤、湯宿巡りを皆さんも是非ともお試しあれ♪








動画で見るブルースマンその① ロバートジュニアロックウッド

Robert Lockwood, Jr. - Sweet Home Chicago - YouTube

ロバートジュニアロックウッドのSweet Home Chicagoの演奏動画。
このときジュニアロックウッドはなんと91歳

ロバートジュニアロックウッドはよくロバートジョンソンの義理の息子と紹介される。
しかし自分の中では間違いなくロバートジョンソンの音楽性を独自の感性で消化し、昇華させシカゴブルースの基礎を築いた人である。

ギターは派手なテクニックの見せびらかしは一切ない。
しかし同じことを繰り返さずクールなフレーズを随所にちりばめるセンスの良さは驚嘆である。

ボーカルも非常に味わい深い。

実はブルースを聴き始めたときにこの動画を見たことがある。
しかし正直に言うとなんにも感動しなかった

ただ、今見てみると物凄い凄みを感じる。
ロックウッドの気迫が画面越しから飛び出してきそうだ。

その気迫、凄みを感じることができるようになったというのがなんとなく嬉しい。

この凄みを一人でも多くの人に感じて欲しい。

文章:菅原翔一

ブルースの旅に出たくなる 桑田英彦著「ミシシッピブルーストレイル ブルース街道を巡る旅」

f:id:mojomanta:20170328213003j:image

今日は最近読んだ本について。
桑田英彦のミシシッピブルーストレイル。
P-Vine BOOKSから出版されています。

ミシシッピブルーストレイルとはミシシッピブルースコミッションという団体が運営しているプロジェクトのこと。
このプロジェクトはミシシッピ出身のブルースマンたちのゆかりの地を100ヶ所以上リストアップするという内容。
それぞれの場所にはTHE BLUES TRAILと書かれた看板が掲げられています。

この本ではそんなミシシッピブルーストレイルが紹介されています。

例えば
⚫︎BBキング博物館、ハウリングウルフ博物館、デルタブルース博物館などのミュージアム
⚫︎BBキング、サンハウス、マディウォーターズなどの有名ブルースマンの出生地
⚫︎プロフェッサーロングヘアなどの有名ブルースマンがプレイしていたライブハウ
などなど
言い出したらきりがないくらい笑

いわゆるガイド本ではないので詳しいアクセスなどの情報はあまり載っていない。
また写真の数も少なかったり小さかったりする。

でも自分的にはそこがいい!
そっちのほうが想像力をかきたてられてワクワクできる!

ブルースへの旅をしたいという意欲がぶち上がりました。
いざ米国へ!

人生でやりたいこと100リストを作ったら人生の指針が見えてきた。

やりたいことが多すぎて頭の中の整理が追いつかない!
ということで紙にやりたいことリストをひたすら書き殴ってみました。
気が付いたら100を越していた。。。

これ超おすすめです。

自分が人生において何がしたいか、何をしたいかが明確になります。

もやもやがとれて超すっきりします

さて以下が僕のやりたいこと100リストです。

  1. グルーブのあるギターを弾けるようになる
  2. シカゴでシカゴブルースを弾く
  3. 母親をプロデュースする
  4. レコード棚で壁を築く
  5. 笑って仕事をする
  6. いつも行くカフェのマスターとお酒を呑みに行く
  7. 月収30万以上到達!
  8. クリエイティブな仕事をする
  9. ありがとうと言ってもらえる仕事をする
  10. チョーキングに説得力をもたせる
  11. ロバートジョンソンの聖地を巡る
  12. バディガイのライブに行く
  13. チャックベリーのライブに行く
  14. シルジョンソンのライブに行く
  15. ヴィンテージのギルドを買う
  16. ついでにヴィンテージのフェンダーアンプを買う
  17. アメリカ一周
  18. 世界一周
  19. 台湾一周
  20. その前に日本一周やな
  21. 自分のギターをオーダーメードで作る
  22. オーダーメードスーツを作る
  23. 遊ぶように働く
  24. 海外に1年住む
  25. ブルースのレコードを200枚集める
  26. ブルースの本を出版する
  27. 宇多田ヒカルのライブに行く
  28. クロマニヨンズのライブに行く
  29. ES-335を買う
  30. 父と台湾で遊ぶ
  31. 思い煩うことなく愉しく生きる
  32. 海外でライブする
  33. ファッション誌に載る
  34. 糸井重里さんに会う
  35. 日暮泰文さんに会う
  36. 所さんに会う
  37. おいしい生活をする
  38. クロスロードで悪魔と契約を結ぶ!笑
  39. メンフィスに帰ろかな
  40. テネシーに行く
  41. ミシシッピデルタに行く
  42. テキサスオースティンに行く
  43. Peterson Brothers Bandのライブに行く
  44. 本場でブルースを聴く
  45. AC/DCのライブに行く
  46. 毎週2回プールに通う
  47. 6パックを作る
  48. 小浜を勝手に盛り上げる
  49. 商店街も勝手に盛り上げる
  50. 若い世代に夢を与える
  51. TOEIC900点代をとる
  52. 20代でブルースバンドを結成!
  53. JAMES(ブルースバー)に行く
  54. ブルースブームをもう一度作る
  55. MREを食べる
  56. 黒人並みのリズムを身につける
  57. 家を建てる
  58. スタジオを家に作る
  59. 家にバーを作る
  60. 家を外国人旅行者のための無料ゲストハウスにする
  61. ブルースの流れる店を作る
  62. 菊田俊介さんに会う
  63. 英語を教える
  64. ブラインドブレイクのレコードを買う
  65. 上田正樹さんと会う
  66. 上田正樹さんと有山さんのライブに行く
  67. バンドをプロデュースして音楽業界に一石投じる
  68. 人に良い影響を与える人間になる
  69. オーラを身にまとう
  70. 新聞の一面を飾る
  71. グラミー賞に物申す
  72. ブルースマン銅像を建てる
  73. 真島昌利さんに会う
  74. イギリスに行く
  75. SOHOに行く
  76. カントリーハウスに行く
  77. アビーロードで写真を撮る
  78. ビートルに乗る
  79. レコードをリリースする
  80. 10kg減量
  81. 明るい日本を作る
  82. 小浜の音楽シーンを盛り上げる
  83. スライドギターを習得する
  84. 知覧に行く
  85. 長崎に行く
  86. 青春デンデンデケデケの舞台を巡る
  87. JIROKICHIに行く
  88. 時代の流れの先に行く
  89. クレイジーボムを買う
  90. バンドマンのためのファッション誌を作る
  91. 別荘を海外に建てる
  92. 打倒安倍政権
  93. 打倒稲田朋美
  94. 自分の軸を守る
  95. 岡本太郎を神棚から引きずりおろす
  96. JASRACと戦う
  97. やたらうまいコーヒーを毎朝飲む
  98. 壁をお洒落にする
  99. 日本刀で竹を切る
  100. 実弾をぶっぱなす
  101. ブログを10年続ける
  102. 一週間全力で遊ぶ
  103. 一週間全力で何もしない
  104. 一週間全力で読書する
  105. 会社を起こす 
  106. 変な会社を作る
  107. 沖縄で一週間過ごす
  108. 寒い冬を沖縄or暖かい国で過ごす
  109. 世界で一番うまいカレーを食べる
  110. スイートルームに泊まる
  111. 平常心を保つ
  112. ライブハウスを作る
  113. 一所懸命生きる
  114. 打倒可愛い産業
  115. 日本兵の遺骨をボランティアで収集する
  116. 大和を海底から引き揚げる
  117. 武蔵を海底から引き揚げる
  118. 本棚で壁を作る
  119. 枕元に寝る用のオーディオシステムをつくる
  120. 外国の友達を100人つくる
  121. 海上で一週間過ごす

こんなの絶対無理やろーと思われるものばかりかもしれません。
しかし夢は思い描かないと叶わない!
ひとつずつ叶えていきます。

皆さんも騙されたと思って作ってみてください。
わくわくしてきますよ(^ω^)

楽しくなってきた!
やったるぜい!!